入院中の、カンタン気分転換&リハビリ運動、それは「ただの●●●●」!

リハビリ
スポンサーリンク

ただ●●●●するだけでストレス解消&リラックス・体力・骨密度までUP!

僕が入院中にしているリハビリというか運動(もともと、体を鍛えるのが好き)で、過去記事では「体幹トレーニング」や「階段上り」(※点滴つないでいる場合は危ないので非推奨)などを取り上げてきましたが、今回はもっと簡単で、リラックス効果の高いものをご紹介します。

 

それは・・・

 

ただのジャンプ!

 

 

これがなかなかイイ感じです!!

 

(よく準備運動とかで、適当にピョンピョン飛びますよね?ただそれだけの事なんですが・・・その効果たるや!)

 

お気に入りの音楽をかけながら、マサイ族のようにピョンピョン飛び跳ねていると・・・”た、楽しい!”

 

(~ ̄∇)~ ( ̄∇ ̄) ~(∇ ̄~)ワーイワーイ

気が付けば軽く汗ばんでいます。

入院中はあまり歩かないので足がなまる!

先月僕が一時退院した時の事です。

ためしに、久々にジョギングをしてみると・・・ 1kmも走らないうちに、キツくなり歩いてしまいました。
(ちなみに、入院前は3~4kmぐらいは普通に走っていた)

 

たしかに、まだ赤血球の値も一般レベル以下の状態ではあったんですが、入院中も(有酸素運動を含め)体力を維持する程度には鍛えていたつもりだったので、

 

「なんでこんなに走れなくなってるんだ??」と、腑に落ちませんでした。

入院患者は全く走る事がないので、走る筋肉はもっとなまる!!

ためしにジャンプしてみると、ジャンプ力がかなり落ちているように感じました。

 

どうも、「歩く」と「走る」では、使う筋肉が異なる!!

 

そして、走る(たとえ軽いランニングであっても)ためには、跳ぶための筋肉(ふくらはぎとか?)なども重要になってくるのでしょう。

 

また、前にTVでやっていたのですが、このピョンピョン飛び跳ねる運動は全身の骨に良い負荷をかけ、骨密度を保ったり回復するのにも大変有効だそうです。

 

というわけで、すごく簡単にできるんだけどそれでいて効果も高い、オススメのリハビリ運動のご紹介でした♪

 

(治療のことやこれからの事など、色々考えこんでしまうような時にもパッとリラックスできるし、5分で良い汗かけますよ。思いつめそうな時こそ、体をほぐしましょう!(≧▽≦))

注意点

ただし、僕のように「髄注」をやるような患者さんは、

髄注の後は2,3日は脳を揺らすような運動(ジャンプやスキップ、ダンスなど)は避けた方が無難です!

 

※一応、髄注の後は一時間ぐらい安静にしていれば良い、という事になっているのですが、

僕は一度、髄注の翌日あたりにスキップした影響からか、その後一週間ぐらいひどい吐き気で”半寝たきり状態”を味わうハメになりました(←リンク先は、その時の体験談ですw)

というわけで、そこだけご注意くださいね。

 

★ブログランキングに参加しています☆

応援クリックは励みになります!(=゚ω゚)ノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました