維持療法でも気が抜けない・・・

諸刃の刃・ステロイド剤とは

そろそろ退院し、通院しながらの維持療法になります。

維持療法では、スプリセルの他、プレドニンというステロイド剤を長期間服用することになるのですが、このステロイド剤というのが色々な病気に効く半面、副作用も色々あって厄介なものらしいのです。

食欲が増し、脂肪がつきやすくなる作用もあり、これだけでも嫌なのですが、他にも、免疫を抑制するので感染症にかかりやすくなったり、動脈硬化や白内障、骨がもろくなり骨粗鬆症、胃の粘膜が弱くなったり、糖尿病など、気を付けないといけないことが山ほどあります!

これらは、薬の量が少なくても(5mg/日)継続して服用していると要注意らしいのです。

その代わり、ALLに対しては、”リンパ球やリンパ系腫瘍細胞に対し、アポトーシス (計画細胞死) を誘導し、細胞融解作用を示します。”だそうです(つまりは効く、と。)

それでもかなり、健康な体ってやつから遠ざかってしまいそうです。ショックです。これまで以上に、サプリで補ったり、体調管理・健康管理をシビアにしていく必要があります。

とりあえず僕は、EPA・DHAのサプリを摂ることにしました。痩せやすくなり、血液もサラサラになる作用があるので、これは良い選択だと思うのですがね。

 

移植をしなければ、絶対に治らない・・・とも言い切れないけど、再発はしやすいから、完治を目指すなら移植した方が完治させられる確率が高い。と

結局移植することになるのかもしれないけど、ひとまず退院して、仕事のめどもつけねばならないし、ホント問題が山積みで大変だけど、よく動き、考えて、悔いのない決断をしたいです。

運動も頑張っているんだけど・・・

最近はきつい抗がん剤をやっていないのもあり、体重が5キロぐらい増えてしまいました。お腹をへこませたい・・・。

運動はかなり(でもないか)やってるんですけどね!

以前の記事にも書いた、連続ジャンプ↓や、

入院中の、カンタン気分転換&リハビリ運動、それは「ただの●●●●」!
ただ●●●●するだけでストレス解消&リラックス・体力・骨密度までUP! 僕が入院中にしているリハビリというか運動(もともと、体を鍛えるのが好き)で、過去記事では「体幹トレーニング」や「階段上り」(※点滴つないでいる場合は危ないので非推奨)...

階段はもちろんのこと、体幹トレーニングや、シャドーボクシングみたいな事もしています。それでも体重を落とすのは大変です。

しかし、これだけ動いていると体力には自信が出てくる。それでも、実際に退院してみると、「やっぱり体力が落ちているな」と感じると思います。

入院中は、無菌室の時も僕はなんども売店に行ったり外に出たりして、何度も高熱を出してしまったので、もし移植をする場合はもっと厳重に「外には出られない」生活を強いられることになるだろうから、そういった我慢に耐えられるメンタルも養っておかないといけないよね。本当は。がんばろう!

 


★ブログランキングに参加しています☆
白血病と戦う男・ニンニン丸です。

ポチっとして頂けると大変喜びます♪
(※ブログランキングにポイントが入り、やる気がUPします)
にほんブログ村 病気ブログ 白血病へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました