病室から見える景色。

入院ライフ

病室の窓からは見晴らしが良く、近くに高い建物がないため、ベッドに寝そべった状態で窓の外を見ると、空しか見えない。まるで、雲の上にいるかのようです。

(※右上に虫がひっついていますが・・・(笑))

 

それにしても、ノートPCがなかったらものすごく退屈していたと思う。ノートPCは買って正解でした。

移植をするかしないかで悩むうちに、化学療法も既定の回数に近づいてきました。もう一息で化学療法も終わります。フィラデルフィア陽性は再発率が高いために移植を勧められますが、移植後ほどなくして亡くなってしまった方や、慢性GVHDと悪戦苦闘の日々を続けておられる人などを見ると、やっぱり移植が正解とも言い切れない気がして悩む。少なくとも、移植をしていない僕は現状ではわりと元気だ。

再発しない限りは、わりと元気でいられる。どうやって再発を防ぐか・・・退院しても油断できないというか、退院してからが本当の闘いという気がする。

入院中は血液検査も週三回してもらっているけど、退院したら基本的には通院は月1ペースになる予定だ。

自己流の、免疫力を上げまくる食生活+病院から出されるお薬(スプリセル等)で、どこまでやれるか。もし5年、寛解を維持できれば、そのころには完治しているのかな?高価な薬を手放せるのかな?

ただでさえ貧乏なのに治療費が生活に重くのしかかる。しかも健康面でもハンディキャップを背負う・・・それでも必死に生活努力をしていかなければならない。

それでも、必死に日々を生きようとする中で見えてくるものがあるかもしれない。前に記事で書いた、退院したくなさそうなおじさんのように無気力な気持ちで生きるよりは、貧乏を抜け出そう・なんとかして生きようとハングリー精神で生活する方が健康に良さそうな気がするのです。

 


★ブログランキングに参加しています☆
白血病と戦う男・ニンニン丸です。

ポチっとして頂けると大変喜びます♪
(※ブログランキングにポイントが入り、やる気がUPします)
にほんブログ村 病気ブログ 白血病へにほんブログ村

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました