医療費を1/2にできる名案とは!

通院治療

現在、維持療法で通院治療に入りましたが、維持療法で行くにせよ、移植をするにせよ、スプリセルのような高価な薬を長期間飲み続けないといけないので、毎月の医療費が高額医療費控除の上限まで行く状態が長期間続くことになります。

これはみっふぃかかさんという方のブログを読んでいて見つけたのですが、なんと”薬を2か月分いっぺんに処方してもらう事で、2か月のうち半分の1か月は、採血と診察のみで2~3,000円で済む”という事を先生がして下さっているそうなのです!

(詳しくはこちらの記事に書いてありました。)

これはものすごく助かります。今度病院に行ったときに、私も先生に聞いてみようと思います。(とはいえ、私の場合月に一度の診察時に抗がん剤の点滴もあるので、それが込みでも安くなるのかどうか・・・?

オンコビンという薬ですが、末梢神経の麻痺の副作用がある抗がん剤です。私の場合は、足先に少ししびれが出ています。今の所は、足がよろけるとか日常生活に支障が出るほどじゃありませんが、ひどい人になると、手もしびれてお箸も持てなくなったりするそうです・・・!

そしてこの副作用は、投薬をやめて長期間経てば元通りに治ると言われているのですが、患者さんを見ていると必ずしもそうとも限らないらしいのです。

もし、麻痺がひどくなれば日常生活や仕事にも支障が出てくると思うので、これは決してあなどれない事です。

先日書いたステロイド剤にせよ、どうしてこうおっかない薬が多いんでしょうね><

 

それはそうと、医療費を半分にできるとすればぜひそうして頂きたいです。

次回の診察時に、私もそうしてもらえるのか聞いてみようと思います。先生が快諾してくれると良いのですが・・・。

 


★ブログランキングに参加しています☆
白血病と戦う男・ニンニン丸です。

ポチっとして頂けると大変喜びます♪
(※ブログランキングにポイントが入り、やる気がUPします)
にほんブログ村 病気ブログ 白血病へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました