入院中でも下半身は鍛えておくべきと思うんだ。(リハビリ運動、その2)

入院ライフ
僕は今、急性リンパ性白血病で3月から入院しています。
現在は化学療法3クール目です。
血球が下がってくるとクリーンルーム(無菌室)=個室に移動になり、
血球が戻ってくると、また慌ただしく相部屋の病室に引っ越す・・・これを繰り返しています。
相部屋と、個室。それぞれ、良い点と悪い点があるように思います。
まあ、ストレスが少ないのは個室ですけどね!
(ここの病院では、個室だとPCも自由に使えますが、相部屋だとアウトになってしまうのが痛いです)

以前の記事で、ベッドの上で体幹トレーニングをやっている事などを書きましたが、
僕の好きな運動というのが他にもあって、それは・・・
スポンサーリンク

 『階段上り(下り)』

・点滴棒をなるべく垂直に持ち、転ばないよう気を付けながら1階まで下りていきます。
・そして1Fの売店で買い物をし、買い物袋も点滴棒に引っ掛けて、そしてまた、5階の自分の病室まで戻ります。
当然、登りの方がキツイ。
僕はこれで、体を鍛えつつ登山感覚を楽しんでいます。
だって体力を落としたくないし、ただでさえ歩かない・動かない入院生活。
体を動かしている実感が持てるので、日に数回、こうやって動き回るのはとても良い気分転換になります。

それは、禁じられた遊び。

なお、この階段上り下りは禁止されている行為であります。
(※点滴棒を持ったまま階段を移動したり、無菌室に入っているのに売店へ行ったり。どちらもダメ)
許可はされていません。でも・・・どうしても、やりたくなっちゃうのよね~これが。^^;

感染症にかかりやすい状態だからわざわざ無菌室に入っているのに、なんで人の多い場所へ行っちゃうんですか?』

という話。

これはもちろん、僕自身も注意しています。しっかりマスクを装着し、少しでも人が混んでいる場所(時)は避ける。
なるべく空いている時間に、買い物は短時間で済ませるようにする。など
やっぱり、これで熱出ちゃったり転んだりしたら困るのは自分ですから!
(もし入院中の方がこの記事を読まれていましたら、転ばない自信がある人以外は絶対マネしないで下さい。何か起きても責任は取れませんのであしからず)

仕方のなさ。

僕も別に、注意してくる看護師さん達をナメているわけではなく、
・それでも、階段上りが気分転換になり、少しでも気持ちよく過ごせる
・退院後、仕事ちゃんと勤まるかな?体が資本だから・・・
「このぐらいの運動は出来るぞ」と確認する事で、精神的に余裕が持てる
というわけで、それなりに真剣でもあったりします。
(でも本当は、ちゃんと治ってからリハビリ期間を作って、それから運動したら良いのかもしれませんが。つまりは言い訳w)
☆ブログランキングに参加しています。
応援クリックは嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました