CBDオイル初体験!万病に効くという大麻草の力を感じる事はできるのか?

自己流の健康法(CBDオイル、春ウコン等)
スポンサーリンク

海外では注目が高まっている、大麻の医療効果

お試しで買ったCBDオイルが届き、早速試してみました。

CBDオイルというのは、以前の記事でも書いた大麻から抽出した油です。

日本でも普通に売っている「ヘンプオイル」というのは、麻の「実」から搾った油で、カンナビノイド(大麻特有の薬効成分)はあまり含まれていません。
(そのあたりについては、↓の過去記事でも書きました。)

大麻の油でガンや白血病が治る!? / 病を治すための考え方
Twitterで、CBDオイル(大麻の芽から作った油)というもので白血病が治ったという少女の話を知りました。 ※ざっくりと和訳: まだ幼い少女が、T細胞性白血病にかかってしまい、化学療法でも寛解しなかった。 がん専門医が造血管...

大麻っていうと、日本では特に危険視・タブー視されていますが、海外では最近は特に、その医療効果が見直されているのです。

特に医療向けに使われている大麻は「医療大麻」と呼ばれており、今回私が購入したCBDオイルなどがそれにあたります。

(なお、電子タバコタイプで吸引して使う「CBDリキッド」という商品もあり・・・吸引して使う方が、即効性があるようです。)

大麻が効くとされている病気はこんなにある!

大麻が治療効果をもたらすと言われている病気には、以下のようなものがあります。

がん 糖尿病 HIV(ヒト免疫不全ウイルス) うつ病 アルツハイマー 統合失調症 不眠 吐き気・痛み止め C型肝炎 慢性疼痛 ジストニア 骨粗鬆症 高血圧 関節リウマチ 睡眠時無呼吸症候群 消化器疾患 ハンチントン舞踏病 多発性硬化症 筋萎縮性側索硬化症(ALS) そして白血病(特に小児?)etc・・・

まるで万能薬のようですね( ゚Д゚)

なので、世界的にも大麻のプラス面が見直されてきているわけです。

アメリカでは国としてはまだ認めてはいないのですが、多くの州では合法化していますし(それってどういう事なのか分かりづらいですね・・・汗)、カナダやイギリスでも医療の現場ですでに使われています。
他にもタイやドイツなど国によって認められ方は様々のようですが、合法化の動きは(日本以外)進んでいます。

実際に飲んでみた

飲み方は、数滴を口の中に含み、1分以上は口の中に含んでから飲み込むという感じです。

舌の裏に垂らすのが、早く効果が出て良いようです。

草の良い香りが鼻孔をくすぐりました♪

特に強いクセなどは感じず、飲みやすいです。(感じ方には個人差があるかもしれません)

効果のほどは・・・そんなに濃密なタイプではないし(濃密なものほど高い)、ハイになる成分は入っていない(CBDは落ち着く作用の方ですから)のでハッキリとは分かりませんが、笑いが出たりと気分が良くなったように思います。

ただ、ストレスを強く感じているような時にこれを摂れば、気分が良くなってくるのか?は、まだ分かりません。濃度3%のタイプじゃ、沢山摂らないとハッキリと効果を感じるのは難しいのかも・・・

3%でも感じた、「精神鎮静作用」

不眠にも効果的というので、試しに6時間も昼寝してしまい、眠れなくなった日に使ってみました。

普通、目が冴えて眠れないと、なんとなく焦ったり、「いっその事、もう起きてしまおうか」と悩んだりソワソワしませんか?

CBDオイルを飲んでから布団に入ったら、強力な睡眠薬のようにすぐに眠れるというわけではないのですが、すぐ眠れなくてもすごくリラックスして、全くイラつく事もなく快適に休むことができました。これは多分、CBDの持つ精神鎮静作用が効いているのかな、と思います。

治療効果が高いのは「フルスペクトラム」タイプです

ちなみに私が購入したのは、ヘンプタッチ社の「アンバーゴールド」 というCBDオイルです。

フルスペクトラムと言って、天然の成分がそのまま入っており、このフルスペクトラムタイプの方が病気に対する効果も高いと言われています。(が、色々見るとこちらのタイプの方が少し値段が高めのようです。。。)

今回は量が少なめでCBDが3%(濃いものほど値段も高くなる)のお試しタイプを買ったのですが、初回だけのキャンペーンで980円で買えました!(送料は別)

もう少し濃いもので買おうと思ったら一瓶1万円かそれ以上するので、まずはどんな感じか試してみたいという人はこの初回限定キャンペーンで試してみる事をオススメします。

ちなみにこちらの商品は違法ではありません!国に届け出ている正規の販売代理店のものなので、購入しても大丈夫です。

CBDオイルを買うために色々なサイトを見て比較しましたが、コスパの良さ&フルスペクトラムタイプという事でこのヘンプタッチ社のCBDオイルに決めました。

大麻には大きく分けて、ハイになる成分(THC)と落ち着く成分(CBD)の2種類があり、CBDオイルにはほとんど後者の成分しか入っていないため、日本でも買うことが出来ます。
(ただし国の許可を得ている正規の販売代理店のみ合法です。)
目安として、通常タイプのものは10ml、約一か月分のものが多いですが、こちらのお試し価格のビンは半分の5mlなので、推奨されている量で飲めば約2週間分ぐらいですね。

 

医療大麻の研究すら禁止されている日本の法律って・・・

海外では大麻を見直す動きが高まっているのに、日本では大麻に関しては保守的で遅れているのが残念ですね。末期がんの人で自分の治療のために栽培していたら有罪にされ禁止されて飲めなくなり、亡くなってしまった人がいるらしいです。こういう人は大麻OKな海外に移住するしかないのが現状でしょうね。

戦後、GHQにより定められた「大麻取締法」が出来るまでは、日本でも大麻はぜんそく止めの薬や神社で使う神具などにも普通に使われていたのですが・・・。

アメリカでも、90年代までは大麻は違法とされていましたが、現在は国としては違法だけど多くの州では(医療、嗜好品としても)合法という、わけのわからない状態になっているようです。

カナダ等では完全に合法で、タイでは首相がCBDオイルを使っている事を公言しているぐらいなのでわりと簡単に購入できるようです。

これだけすごい可能性を秘めている大麻、早く日本でも法改正して研究と理解が進んで欲しいです。

できれば今年は、海外に出て大麻関係グッズを探し求めて来たいと思っています!(といっても、お土産としては持ってこれないでしょうが。)

 


★ブログランキングに参加しています☆
白血病と戦う男・ニンニン丸です。

ポチっとして頂けると大変喜びます♪
(※ブログランキングにポイントが入り、やる気がUPします)
にほんブログ村 病気ブログ 白血病へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました