入院してはや5か月・今後のこと

治療や健康への考え方

近況ですが、もうすぐ化学療法の6クール目が終わりそうです。

一応、8クールまでやるものらしいのですが、僕の場合は、1クール目から分子学的完全寛解に達しているので、すでに白血病細胞はゼロ近くまで減っていると思うんですよね。

なので、律義に8クールまで全部やる必要はないのでは?と思っています。一応、抗がん剤にもリスクはあるのだし、使うのは必要最小限に抑えられればその方が良いです。

医者でも白血病細胞がゼロになったかは分からないし、ゼロにしたとしてもまた生まれてくる可能性もあり、最終的には人が持つ「がん免疫」の力で病気を治すものなのだろう。

(まあ、その免疫がうまく働いてくれないからこそ、白血病になったんでしょうけど・・・)

僕が考えた、スプリセル+免疫力を上げる食品(春ウコンや、コロストラム(初乳ミルク)を併用して飲むという、自己流の治療法を試してみたいのです。

 

抗がん剤は、白血病細胞もやっつけてくれますが、免疫力を上げてくれるわけではないですからね・・・。

もしヤバそうだったら、再発する前に再入院して、今度こそ腹をくくって移植するかもしれませんが・・・

(再発してしまってからだと移植がさらにハイリスクになるので、通院時の検査が重要です。月1では不安ですが、ここの病院だと「月2回来たい」といった希望は通らないのかな?)

 

移植をした方が統計的には長期生存率は高いのに、何故自己流の治療法にこだわるのか?

一つには、移植をすれば今からさらに長期入院が必要になるし、退院後も長期間仕事も出来なくなると思うからだ。

あと、まだ独身なのに不妊になるというのもちょっと嫌ではある。

妹はすでに嫁に行ってて子供もいるけど、何故か女の子しか生まれていない。

できれば我が家の跡取りとなる息子を、僕と僕の将来の嫁さんの手で作りたい!というのはあります。

(今は恋人すらいないのに何を言ってるんだ・・・と思われるかもしれませんがw)

こう考えると、移植というのはなんという破壊的な治療なんでしょうか・・・

嫌がって当然です。でも多くの人は、それが現状ではベストとされている治療法だから、仕方なく移植するのです。

僕もやる事になるかもしれませんが、今は自分の思うやり方に賭けてみたい。

 


★ブログランキングに参加しています☆
白血病と戦う男・ニンニン丸です。

ポチっとして頂けると大変喜びます♪
(※ブログランキングにポイントが入り、やる気がUPします)
にほんブログ村 病気ブログ 白血病へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました